2014年3月22日土曜日

4月の新潟での演奏




4月6日の日曜日、新潟県燕市の小池中学校と三条市の第三中学校の合同の演奏会にゲストで参加します。

数年前から何かと縁がある三条市、燕市です。


こういう企画に参加すると、自分が中学生の頃を思い出します。

この頃は一応ピアノをやっては来たものの、引っ越しを機に辞めましたし、音楽に特に興味があるわけではありませんでした。

サックスを始めたのも高校からですしね。


自分が中学生だった頃は分からなかったですが、このくらいの年代では男子と女子では全く違う印象を受けます。

女の子は表情も豊かですし、言葉での説明もわりとスムーズな感じがします。
反対に男子はあまり感情を表に出さないですし、基本的にみな口下手。

そして、精神年齢も明らかに女子の方が高いと思われます。


男子の成長は女子より遅いと言いますが、それを本当に実感します。
僕も当時は相当な朴念仁だったのでしょう…。
言葉で何かを表現する事に対して、まったく必要性を感じていなかったですから…。


話がそれましたが、4月6日、近くの方は是非聴きに来て頂きたいと思います。

2 件のコメント:

小野塚昇 さんのコメント...

本日燕市文化会館で安倍川さんのテナーサックスを家内とお聴きして感銘を受けました。私も企業を一昨年に退社しそれを機会にアルトサックスを始めました。現在70歳です。楽器の経験もなかったので現在は演歌のフランク永井に「おまえに」や都はるみの「好きになった人」千昌夫の「北国の春」を練習しています。安倍川さんの本日演奏されました「ルパン三世」が私の目標です。私の残された人生はそう長くは無いです。アドバイスを宜しくお願いします。

ジュニー さんのコメント...

小野塚さん、今日はコンサートにいらして下さってありがとうございます。

長い企業生活お疲れ様でした。

実際にどのようにサックスを吹くのか見てみないとわからないのですが、70代の初心者を教えた経験から推測してみます。

この世代の方は、どうしても口が緩みがちですので、唇を鍛えることをおすすめします。


これは楽器が無くてもできるので手軽です。
「ウ~イ~」
と唇を反復でやるだけでも結構鍛えられますので、試してみてはいかかでしょうか。