2012年7月5日木曜日

イタリア旅行記-14

サン・マルコ広場は、ヴェネツィアでは一番の名所と言っても良いだろう。


ヴェネツィア本島には逆Sの字の形に大運河が流れ、逆Sの南端で海に合流するあたりにサン・マルコ広場が広がる。


もうひとつの名所のリアルト橋は、逆Sの丁度真ん中辺りに位置する。

リアルト橋からサン・マルコ広場までは南に歩いて5分ちょっとだ。
そしてその中間あたりにホテルがある。






広場の北で迎えてくれるムーア人の時計塔。



そして時計塔の横に広がる旧行政館。
この1階には土産物やカフェが並んでいる。

写真中の突き出ているテントの下はステージになっていて、クラシックやポップス等と生で演奏している。もちろんサックスは無い。あくまでクラシック音楽の編成だ。



そしてこの行政館を正面に見ると右の方に修復中のサン・マルコ寺院がある。




その横にはこの広場の中で個人的に一番気に入っているドゥカーレ宮殿。
写真では日の光が強すぎて分かりにくいが、ピンクっぽい模様が壁に描かれているのだ。


この先はすぐ海になっている。


とその前に、


街灯の気持ちになって  自己作品No.1



写真を見返すと、広場の全体像が分かるようなものが一枚も無い。
まあ素人写真だから仕方ないか…。





写真の右側は海だ。



ゴンドラ群が並ぶ。



早速広場のドゥカーレ宮殿に入ってみる事にする。


つづく。

0 件のコメント: