2008年11月24日月曜日

自分にお疲れ様でした

ちょっと書くのが遅れてしまいましたが、土曜日のソフィアはなんとか無事に終わりました。

「家に帰るまでが遠足」。
この小学生の頃戒められた言葉を今回ほど胸にして行動したのは初めてでした。
というより「現場に辿り着くまでも遠足」だったんですけど。

今回はサックス、ピアノ、ギターという変わった編成で、この3人だけでは初めて演奏したのでやはり苦労しました。
ミュージシャンにとって、ベースが居ないというのはすごく大変な事なのです。
しかもピアノとギターは役割がかなり似ているので、必要な保健委員が居ないのに美化委員が二人もいる…、みたいな状況です。分かり難いですね。
3人でやるより、むしろ2人の方がやりやすいという、矛盾した編成だという事を思い知りました。


このお店はありがたい事にいつもお客さんが沢山来てくれるのですが、今回は3連休の初日という事もあり、いつもより少ないお客さんしか居ませんでしたが、より親近感あふれるライブになったと思います。

僕はとにかく自分の体調が心配で、このステージ中に倒れたりしないだろうか…、という不安を抱えつつのライブでしたが、仕事へのリハビリとしては良かったかもしれません。
ギリギリまで参加するか迷っていたんですが、サックスの手入れをしている内にどうしても吹きたくなってしまって…。

しかし日に日に少しずつ回復して来ているので良かったです。
土曜日は危険な状況の中、無事に全て終えられてお疲れ様でした!
と自分に言いたいです。

0 件のコメント: