2008年8月15日金曜日

終戦記念日ですね

今、北京オリンピックに圧されてあまり意識されなかったかもしれませんが、
今日は終戦記念日ですね。

戦争について考えても、人間の矛盾というのを考えざるを得ません。
戦争とは一体何なのか。
もちろん、理屈で色々説明する事もできましょう。
しかし、人間の存在そのものを捕らえる事は非常に難しいな、と思わされてしまいます。


僕が一番納得できないのは宗教戦争なのです。
平和を説くはずの宗教が原因でなぜ戦争が起こるのか。
これも人間の抱える矛盾の最たるものだと思います。

これは、戦争を起こしている人達にも理屈では判っているはずです。
右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ。
しかし親兄弟を殺されている場合は無理なことなのでしょう。
人間というものは、やはり感情を理性でコントロールし切るというのは無理な事なのでしょうか。

歴史を辿ってみても、戦争ばかりしている種族です。
文化や文明が発達すれば、人間も進化すると考えたいものですが、
根本的なところは原始時代と大して変わっていないのかもしれません。
結局は資本主義も弱肉強食なわけですし、平等、自由という概念すら幻想である可能性もあります。


しかしながら、人間という種を、そんなに愚かな存在だとは思いたくないのです。
人はどういう風に生きれば良いのか、という事は今までの賢人達が示してきたはずです。
今更新しい規範が出てくるとは思えません。
出て来たとしても、既存のものの組み合わせや抜粋、といったところでしょう。
人類がみなキリストや釈迦や孔子なら世界は平和なはずですから。

しかし、やたらな戦争の死者の数よりも自殺者の数の方が多いという異常な時代で、
戦争を無くすことはもちろん、自殺者を少なくする社会を作らなければなりません。
そこかしこから、心の悲鳴というものが聞こえてくるはずです。
心の戦争、と言われたりしますが、本当の戦争と共にそれが無い世界を目指さなければなりません。
簡単に作れたら苦労はしないんですが、どうしたら実現できるのでしょうね。

2 件のコメント:

chiyo2 さんのコメント...

お久しぶりです。
安倍川さんのいつものブログの感じから、きっと終戦記念日の記事を書いてらっしゃるのではないかと思い見に来ました。戦争も平和もテーマが大き過ぎて、どうしたら争いのない世界が実現するのかは解りませんが、個人的には毎年8月15日に戦争について考え、平和を祈ることにしています。なんか偽善ぽいですけど・・・。戦争を知らない世代ができることって過ちを繰り返さないことしかないですからね。
また八王子でライブやる予定があれば嬉しいのですが、やっぱり遠いですよね。

ジュニー さんのコメント...

chiyo2さんへ。

こんにちは、久しぶりですね。
終戦記念日の記事…、鋭いですね。太平洋戦争とはあまり関係無い内容ですけどね。
偽善と言わずに、戦争や平和は是非考えて行きましょう!
今月の23日(土曜日)は久々に八王子ソフィアでライブやりますよ!
暇があればぜひ来て下さいね。