2015年4月4日土曜日

東中学校の定期演奏会、ありがとうございました。

ちょっと時間が空いてしまいましたが、川口市立、東中学校吹奏楽部の定期演奏会にいらして下さった方々、ありがとうございました。


そして、部員のみなさん、OB、父兄のお陰で、良い定期演奏会に参加させてもらえました。


今回は同校の体育館での演奏会でしたが、たくさんの方々に来て頂けました。
中学校でやると、近隣の方々が気軽に来られて良いかもしれません。



今、中学校や高校で吹奏楽やマーチングバンドが流行っていて、テレビでも取り上げられたりしますね。

みんなそれを見て刺激されているのか、僕の時代では考えられないような企画を生徒自らが発案し、ショーとしてのクオリティーは上がっていると思います。


ピンクレディのUFOでは、宇宙人に仮装した子が前に出て踊ったり、
魔女の宅急便メドレーでは魔女のキキ姿で出てきたり、
曲あてクイズで正解者に景品を配ったり、
とにかく現代の定期演奏会は凄いです。


昔だと、吹奏楽部に来る子達はどちらかというと控えめで引っ込み思案な印象でしたが、
今は目立ちたがり屋の子達もかなり入ってくるようです。



以前もどこかの記事で書いた事がありますが、
学校のイベントというのは、ある種プロを越えたショーが出来る場でもあります。

当然技術ではプロには及びませんが、再現できない一回制にかける3年間、もしくは2年間の努力が結晶する場です。

それも、自分の子や孫、もしくは顔見知りの子が関わっているとなれば、感情移入度は果てしない領域に突入します。


その感動たるや、一流のプロミュージシャンでも敵わないものがありますね。





話は変わりますが、CD制作は少しずつ形になりつつあります。
録音は4月末ですが、それまでにさらに面白い案が浮かべば取り入れたいと思います。


それと意外だったのが、思ったより多くのジャズスタンダードの著作権が切れている事です。
そういう意味では、これからはジャズのCDは作りやすくなりますね。


楽しみにしていて下さい。

0 件のコメント: