2011年3月13日日曜日

大地震の日-1

未曾有の地震、津波が特に東北地方を中心に日本を襲いましたね。

みなさんは無事だったでしょうか?

宮城に住んでいる友人もいるのですが、連絡が取れなくて心配です。


しかし、以前テレビで大災害のシミュレーションを見たことがあるのですが、本当にその通りになりましたね。都市というものがこんなに機能しなくなるなんて、今更ながら驚きました。



3月11日金曜日、地震が起きた時、僕はラゾーナ川崎でレッスン中だったのです。
揺れ始めた時は、生徒さんも豪胆な人なので、「大丈夫、大丈夫。」
と言っていましたが、だんだん強くなる揺れにただならぬものを感じました。

ひょっとして、ラゾーナもくずれるのか?
と思った瞬間、とりあえず大事なサックスを手に取り、部屋の外に出たのです。

間一髪、立て鏡やコート掛けが倒れてきて、中に居たら僕も楽器も大ダメージを受けていました。
しかし、震度5強の揺れの中、サックスを首に下げていては、壁に捕まって立っているのがやっと。


顔が青くなりながらも、揺れが収まった瞬間に生徒さんとまずはサックスをケースにしまい、コートとバッグを身につけ、散乱した書類はひとまず捨てて外に逃げたのでした。
こんなにノンビリ支度なんかしていて大丈夫かな?と思いましたが、大事なサックスを放っていくわけにもいかず、もっと強い揺れが来たらひょっとしたらアウトか…なんて事が頭をよぎりました。



そして余震がひたすら続く中、外で避難をしていたわけですが、地震が起きてから約2時間後の夕方6時前くらいに、同じ講師の4人とともに、とりあえず動き出しました。

当然電車は止まっているだろうとは思いましたが、確認の為人のごった返す改札に向かうと、シャッターが下りていて「終日運転見合わせ」の張り紙が。
しかも、翌日も復旧する保証も無いわけです。

とはいえ、バスとタクシーにはものすごい行列ができている上、一向に来る気配もありません。


この時点で、尾久(荒川区)に帰るのは完全にあきらめなければなりません。
現実的に考えて、川崎周辺で一夜を明かすのが良いと考え始めました。
しかし一体どこで?

当然のごとく、近くのホテルは満室でしたし、きっとネットカフェも満席であろう事でしょう。
さらに、公共の施設を開放している、という情報もメールでもらいましたが、土地勘の無い川崎で、それがどこにあるのかもわからず、交番さえなかなか見つからないのでした。


もう日も暮れていて寒かったので、とりあえず営業している店で腹ごしらえをする事にしたのでした。
あわよくばそこに朝まで居られないか、と思ったのですが、店員は頑固に11時で閉めます、と言うのでした。
さてどうしたものか、講師同士で自己紹介もしつつ、また相談を始めたのでした。

こういう差し迫っていながら、正解の無い事柄から物事を選択していくのは大変です。
政治家の人は常にこういう状況に身を置いているのでしょうか…。



つづく

0 件のコメント: