2010年11月25日木曜日

ピットイン終了

19日のピットインに来て下さった方々、ありがとうございました。
お陰様で満員御礼の中、楽しく演奏する事ができました.


演奏した曲は去年と大体一緒になりました。
新曲をもっとやると聞いていたんですが、当日に中村さんの意向で無くなりました。
それにしても、このバンドは強力で面白いです。
限界に挑戦するところがまた血が騒ぐ感じで良いです。



マニアックな話になりますが、最近、「究極のフィンガリング」らしきものを発見しました。
これはかなり難しく、調子が良い時でもたまにしか出来ないのです。
まだ成功率が非常に低いんですが、もしこれが使いこなせれば、もっと自由に演奏できるはずです。


ただ、どうして出来る時と出来ない時があるのか自分でも良く分からなくて、練習兼調査中です。
それと、ずっと苦手だったダブルタンギング。
これは再始動し始めている「5サックスオーケストラ」でしか使わないんですが、
これも出来る時と出来ない時があるので、練習兼調査中です。


「5サックスオーケストラ」は、しばらく休止していたのですが、またリハーサルが始まって、12月に最初のライブをやります。
暗譜で振り付きなんですが、しばらく遠ざかっていたのですっかり忘れてしまっています。
これも取り戻すのが大変なんですが、来年は良い仕事も取れそうな感じなんで、頑張ってやって行きたいと思います。


と、12月にはまたリーダーライブをやるので、そちらにも是非是非足を運んで下さい。


12月18日(土曜日)

錦糸町 アーリーバード 20時スタート
http://e-birdmusic.com/

安部川 純一郎:Ts

岩川 奈津子:P

澤田 将弘:B

チャージ 3000円 ワンドリンク付き

2010年11月17日水曜日

熱海に行ってきました

もう3日前の話なんですが、熱海のあるそば屋のイベントで演奏してきました。

何でそば屋で?と思われるかもしれませんが、十分なスペースもあるし、以前にも何度か演奏会を催した事があるそうです。

「手打蕎麦処 多賀」という店です。
古い民家を改造して作った店で、風情がありました。


この時期に熱海、伊豆に行くのは道がめちゃくちゃ混むので、うちを朝8時に出たら逆に早く着きすぎました…。
ただ、もう少し遅く来た人は予想通り渋滞にはまって大変だったそうです。


この日は寝不足だったせいもあってかなりぼけていて、電車は最初反対方向に乗るし、電車の中にタキシードを忘れたりで散々な日でした。
忘れ物を保管してもらうのも大変ですね。意外に手続きもめんどかったです。


演奏が終わり、そばも頂いてしまいました。
とてもおいしかったです。特に天ぷらが。
そばは、今まで食べた中で一番コシが強くて不思議な感じでした。

もう一つ演奏するユニットがあって、Cielという二人組なんですが、かなり斬新な音楽をやっていました。
打ち込みを多用したシンセサイザーとヴァイオリンの組み合わせで、ちょっと大道芸的な要素も入っているのです。


帰り道に、ちょっとお世話になった大工の棟梁が最近急死してしまったので、線香を上げてきました。
小田原だったので、帰り道の途中に寄れたのが良かったです。

少し前まであんなに元気だったのに、亡くなってしまってビックリです。
確か77歳という事でしたが、またまた人間いつ死んでしまうか分からないものだ、と思いました。

最近いろんな死に関わっていますが、人が亡くなるというのは特別な事では無いんですよね。
なかなか普段は感じませんが、本来とても身近なものです。
記憶がある内で、まだ近親者が亡くなるという事態には遭遇した事がありません。
これはある意味ラッキーな事ではありますが、急に来て、それが続かないとも限りません。

まあ、とにかくいつ死んでも良いように生きられると良いですね。

2010年11月8日月曜日

奥多摩湖

事後報告になってしまうんですが、昨日は奥多摩湖のイベントで演奏してきました。


「秩父玉甲斐国立公園指定60周年&山のふるさと村開園20周年」
の記念音楽祭という長い名前のイベントです。


奥多摩には初めて行ったのですが、噂に聞く通り緑が溢れていて良い所です。
感覚としては青梅からすぐだろう、と思っていたのですが、そこから車で1時間半もかかりました。
昼の演奏だったので、5時半起きになってしまいました。

僕たちの前は、町立中学校吹奏楽部が演奏していました。
高校の時、僕もちょっと吹奏楽をやっていたので、とても懐かしかったです。
結構難しいソロなんかもやっていて、頑張っているな~と微笑ましかったですね。



そして今日、5サックスオーケストラ(サックス5本のアンサンブル)のリハーサルの帰りに、スケジュールの都合でいつもの修理屋に寄れなかったので、錦糸町にある日本屋楽器というところで楽器の状態を見てもらいました。

僕が思っていた以上に状態が悪かったみたいで、行っておいて良かったです。
まあリペアマンも商売なので、大抵きつめに言うんですがね…。
それでも、翌日に仕上げてくれるのには感謝です。
これで演奏しやすくなるはずなので、助かります。


11月19日のピットインはチケット完売らしいので、後は電話予約になります。
中村さんは立ち見にしたい、と常々言っていたんですが、今回はひょっとしたら去年よりもたくさん来てくれてそうなるかもしれません…。