2010年2月27日土曜日

真央ちゃん銀メダル

バンクーバーオリンピックのフィギュアスケート、終わりましたね。

大分遅れて演技の映像やインタビューを見たのですが、感無量、という感じです。


金メダルが欲しいという強烈な気持ち、そしてそれに向ける努力。
これらは普通の人からはかけ離れたものです。
これだけ人生を捧げる事ができるものがあるのはまれでしょう。

僕らも同じだけの情熱を注いでいる、と言いたいところですが、やはり質が少し違います。
これほど注目される事もなければ、プレッシャーを感じる事もありません。
また、競技人生は短いですが、音楽人生は長いのです。
オリンピック選手には幼少期から10年、20年に凝縮された世界ですが、うちらはこれから死ぬまでです。


真央ちゃん、金メダルが取れなくて残念でしたが、素人目に見てもキム・ヨナの方が上である事が分かります。
あの体全体のなめらかさ、艶めかしさはやはり他に類を見ないものなのでしょう。

しかしながら、真央ちゃんも素晴らしい演技を見せてくれました。
その焼けるような情熱で、次回のオリンピックにも挑戦してもらいたいものです。

昔は、そういうものに対する欲求を強烈に出す、というのはあまり好きでは無かったのですが、
極限状態ではとても必要なものだと思うようになりました。
むしろ、それが無い者は脱落するだけだと…。

そしてそれを体現しているスポーツ選手は本当に凄い、と思うに至りました。

なかなか普段の生活でそこまで情熱を燃やすものは無いかもしれませんが、そういう姿勢は少しでも見習いたいものです。

0 件のコメント: