2009年5月26日火曜日

あ~ライブ楽しかった

先週末にはライブは2つあったんですが、とても楽しかったです。


金曜日の飯田竜司グループ(Royal Jazz Trio)は、インストのオリジナルで2セット全て固めて大丈夫だろうか…、と不安はあったのですが、お客さんにも楽しんでもらえたようで良かったです。
曲は全て良いですからね。いらぬ心配は余計でした。


ただこの竜司君の曲、難しいキーばかりなので、なかなか修行になります。
シャープやフラット達と、仲の良い友達になれそうです。
最後の曲はテナーサックスでフラット5個で(途中から6個に…)、しかもこんなにテンポの速い曲をやったのは生まれて初めてでしたが、なんとかなって良かった~(焦)。


ギターではなかなかその難しさが判らないですからね。
サックスではシャープやフラットが増えれば増える程、指の組み合わせも複雑でタイミングも合わせ難くなるんですよ。
しかも僕は固定ドなので、思考回路も複雑に…(とこれは意味の判らない方も多いでしょう)。
とは言え、これは越えなければならない壁の一つなので、修行には本当に持ってこいなのです。


ドラムのヒロ君は、僕と同じ年でバークリーもほぼ同期なのですが、一緒に人前で演奏したのは初めてで、懐かしいような、新しい発見をしたような感じでした。
当時も上手かったですが、更に上手くなっていました。



土曜日は恒例のソフィアに。
こちらでは暖かい常連さん達に囲まれて、和気藹々でした。

陽太トリオは、毎回必ず僕が参加するわけでは無いのですが、気に入ってくれているお客さんも多くて毎回非常に楽しいですね。
ちなみに来月も参加予定です。

なんでいつも本番直前に曲を決めたり、アレンジしたりするんだろう、と思いますが…。
アレンジもぶっつけ本番の時も良くありますから、結構ドキドキなんですけどね。


この2つのライブで、自分の新しい楽器のコントロール力が上がっているのが実感できました。
こうなってしまうともう前の楽器には戻れないですが、このまま突き進んで行けるところまで行こうと思います。

0 件のコメント: