2009年1月22日木曜日

今週の土曜日は八王子のソフィアで

なんだか、ソフィアで演奏する事が多くなってますね。
段々恒例化しているようでもあります。

今年初のライブなので頑張って良い演奏をしたいと思います!


陽太:P
安部川 純一郎:Ts
岩佐 周平:B

http://www15.ocn.ne.jp/~n-tony/



今、「黒い雨」という井伏鱒二の小説を読んでいます。
井伏さんの本は初めてで、このタイトルはよく目にするのでいつか読んでみたいと思っていました。
凄く内向的で繊細な文学なのかな…と勝手に想像していたら全く違いました。

広島の原爆で被爆した人達の物語でした。
まだ最初の方ですが、あまりに悲惨な状況を詳細に書いてあるのでとても怖いです。
まるで本当に自分が被爆体験をしているような…。

小説の書き方に工夫がしてあって、戦後の日常生活を中心に書かれてあります。
ある事情で原爆投下前後の詳細な日記を少しずつ紐解いて行くのです。
その内容があまりに酷いので、もうこれ以上読めない!
と思うところでちゃんとその日常生活に戻してくれます。
その度に助かった…、とほっとしてしまいます。

しかし、いつ手などが震えてしまうだろうか…、と心配になるくらい恐ろしいです。
これが現実にあった事なんだとはとても思いたくないです。
ここまではとてもテレビなんかでも放送できないでしょうから、こういう方法で学ぶしか方法は無いですかね…。
いくら戦争を終わらせる為とはいえ、やはり原爆投下をしたアメリカを許して良いのだろうか。
誇りになんて思っていないで、悔い改めて欲しいです。

こりゃ夢でもうなされそうです。
ちゃんと最後まで読めるだろうか…。
いや、読むべきですね。

0 件のコメント: