2008年11月5日水曜日

アメリカ新大統領

オバマがアメリカの新しい大統領になりましたね。
アメリカに変革をもたらす…、一体どうなるのでしょうか。
アメリカ型の資本主義自体が変われば凄く面白いんですが…。
少なくとも、CO2削減には向かってくれそうですね。


それにしても、アメリカの大統領制はちょっと怖い面もありますね。
ブッシュのように、めちゃくちゃな政治も出来てしまうわけです。
彼が生んだものは一体なんだったんでしょうか…。
戦争、環境破壊、金融危機…。
歴代大統領の中で最悪、と言われる可能性もありますね。


現時点ではアメリカの影響力はまだ大きいですから、変な人がなると世界中に悪影響を及ぼしかねません。ある意味、人類破滅の権限を持っていると言ったら大げさでしょうか。
しかし黒人差別をする人がまだ残っている中で当選したオバマは凄いですね。

差別についてはまた別の機会に気が向けば書くことにしますが、人間から差別は無くならないのではないか…、というのが僕の意見です。
これは悲観的な意見ですが、本能に根ざしているのではないか…。
江戸時代の政治のように、それを利用する社会があったくらいですからね。


オバマが凄く良い政治をしたら、アメリカをすごく好きになるかもしれません。
でも1代で驚くほどの変革、というのは難しいでしょうね。
できれば大量消費では無い文化を創ってもらいたいものです。医療制度も改革して下さい。


オバマの今までの人生はアメリカン・ドリームの体現である、と言う人もいますが、
それを掴める人はほんの一握りだけである、という事は忘れない方が良いと思います。
でも目指さないと何も始まらないですからね。
敗者の声は誰にも届かないかもしれませんが、そういう人達に支えられているのです。
とにかく、世界が少しでも良い方向に向かってくれれば良いですね。

0 件のコメント: