2008年10月1日水曜日

宮城小旅行雑奇 2日目-3

さて、どこで何をしようか。

仙台駅を降り、当ても無く駅ビルを彷徨う。
荷物は空きロッカーに入れた。


感想23:手ぶらで歩けるって、なんて世界が軽く感じられることだろう


そうだ、本屋で仙台の観光スポットを立ち読みすれば良いんだ。


感想24:こういう無計画な旅は、フーテンの寅さん気分を味わえて楽しい


仙台観光の本は意外とみつからない。
やはり、ここで仙台の本を買う人など居ないのだろう。
ようやく1冊見つけ出し、拝読する。

なになに、「るーぷる仙台」という観光バスが、主な観光スポットを周っているらしい。
それに乗って、「瑞鳳殿に行くのがお勧めです。」とある。
行き先決定。


感想25:要するに、どこだって良いのだ


西口に行けばよいのか。
さっそくバスに乗り、瑞鳳殿に向かう。
このバス、色は茶系だが、横浜の赤い靴号を連想させる。
運転手はガイドも兼ねていて一生懸命喋るが、あまり聞こえない。

瑞鳳殿とは、伊達政宗と子の忠宗、孫の綱宗の墓所だ。
色彩は派手ではあるが、センスの良さを感じる。
同じような派手な、中国の寺とは大きな違いだ。

敷地内の資料館では、ここの学術調査の記録映像を見る事ができる。
それによると、政宗の身長は159センチメートル。
意外に小柄だ。しかし当時は平均身長も低かったからな。
血液型はB型。


感想26:やはりB型に天才は多いらしい


4時15分のるーぷるバス最終便に間に合うように戻って来る。
このバスは周遊バスなのだが、1方向にしか走っていない。
これから仙台駅に戻るには、結構遠い。
仙台城跡や東北大学も通っている。

途中、友達から電話がかかって来る。
そのせいで、仙台駅だと思ったら全然違うところで下車してしまった。
これが最終便なので、さて困った。

パンフレットで見ると、3駅分くらいなので、適当に歩いて行く事にしよう。
幸い、市営バス仙台行きが結構走っている。
なんとなくそっちの方向に歩いて行けば着くはずだ。


途中アーケード商店街を見つけ、道をそれてそちらを歩き出したが、予定通り仙台駅に到着。
さて、みんなにお土産を買わなければ。
しかし、駅には日持ちのしない牛タン、かまぼこ、萩の月しかない。
場所を変えてみるも、同じ店しか出ていない。


感想27:あんたら、どこ行ってもそれしか売って無いんか!


せんべい、クッキーなど、そういう物を探していたのだが、見つからず無念。
みんな今回お土産無しだ。
と言いつつお土産を買って行った事などほとんど無いんだけどね。


帰りの新幹線までまだ時間がある。
やはり旅の締めくくりにどこかで飲んで行かなければ。
仙台のこの地域にしかない地元の飲み屋に入りたい。
常連さん達と会話できそうな所ならなお良い。

駅周辺を探索。
しかし、チェーン店しか見つからない。
他、デパートなど沢山あるが、なんだか東京と大して変わらない。


感想28:住んでいる人には便利なのだろうが、ガッカリ。やはり仙台色を感じさせるものは牛タン、かまぼこ、萩の月しかないのか…


諦めてチェーン店に入る。
仙台店オリジナルの「牛タン笹かまぼこ」を発見。当然注文する。


感想29:牛タンは何度食べても美味しい。


後は新幹線はやて5号に乗って帰るだけだ。

旅は綿密に計画を練ってするのも良いかもしれないが、思いつきでするのも楽しい。
観光スポットも良いが、できればその地域の人と交わるのが楽しい。
理想はやはり寅さんの旅だが、都市ではまず無理だろうな。
そこら辺の人と気軽に話が出来る環境があれば、日本ももっと良くなるかもしれない。

僕の祖母は超おしゃべりで、誰彼かまわず平気で喋りかけ、地域では名物おばあちゃんとなっている。
今になってそういう祖母に尊敬の念を少し抱く。
ちなみにその祖母もB型である。口は悪いと評判だ。


注意2:B型は口が悪い、というのは大きな誤りである。ただ他の人より自分の思いに正直なだけなのだ


さらば宮城。またその内やって来よう。
ひとり旅も悪くはない。

最後に、石巻で面倒を見てくれた友人R、その妻Yちゃんに改めてお礼を言いたい。
しかしネットが使えないので、彼等がこのブログを目にする事は無いだろう。
だから彼等をネタに使った事は内緒なのだ。

宮城小旅行雑奇全て終了。





あとがき

たった2日間の旅行記を書くのに、こんなに長くなるとは自分でも思いませんでした。
しかしいざ書き始めると、書きたい事が次々と出て来てしまうのです。
この長い旅行記を精読して下さった方々、ありがとうございます。
面白い、という言葉に励まされ、なんとか最後まで書き上げました。
プロの物書きじゃないのに、なんて大げさなんでしょうね。
また機会があればこういうシリーズも書いて見たいと思います。


今回旅を共にした本
すべての経済はバブルに通じる  小幡績著
三四郎  夏目漱石著

3 件のコメント:

ゆう さんのコメント...

とても充実した旅行だったみたいですね。
楽しく読ませてもらいました。
私の一人旅は、綿密な予定を立てておきながら、結局、行き当たりばったりというパターンです。

昼も夜も牛タンなんて、羨ましい。
私も食べたい・・・。牛タンとビールなんて、最高の組み合わせですね!

あび さんのコメント...

楽しい旅だったようですね!
飲み屋に入りたかったなら、アーケード街のわき道を入るとよかったと思います。
仙台の繁華街(飲み屋街)は駅から10分~15分歩いたところにあるのです。

お土産も日持ちしないものばかりで、私も帰るときにいつも困ってます。

ジュニー さんのコメント...

ゆうさんへ

たまには旅をするのは良いですね。
気分転換には最適です。
結局行き当たりばったりなら、綿密な計画を立てるのって…。
全てはアドリブソロに通ずるのです。
特に昼の牛タンを食べれて幸せです。



あびさんへ

そんなところに飲み屋街があったのですか。
知らない人にはわからないですね…。
やっぱりお土産は困りますか。美味しいものばかりなんですけどね…。