2008年9月17日水曜日

ビッグバン実験ですと!!!

最近ヨーロッパのセルン研究所で、加速した陽子同士を衝突させて、ビッグバン直後の状態を再現しようとする実験が始まったらしいですね!

今日は疲れ果ててしまっていたのですが、そういう時は意外と眠れないもの。
しかし、それを吹き飛ばすくらいの衝撃を受けてしまいました。

しかも、その結果極小のブラックホールが作りだされる可能性もあるらしいですよ!!!


なんじゃそりゃ~!!

人間にそんな事ができるのだろうか!
人類の英知の勝利なのか、破滅への一歩なのか…。


ビッグバンといえば、宇宙が誕生した時の大爆発ですね。
本来物質が生まれる時には必ず反物質も生まれ、お互いに衝突して消えてしまうといいます。
ビッグバン後はそのバランスが崩れ、物質だけがより多く生み出され、長い長い変成を経て今の宇宙ができた、と言われています。

色んな理論が生み出され、推測されていますが、ビッグバンに関しては要するによく判らないんですよね。無から有に転換する、と言葉では言えますが、既に人間の想像力を超えた領域です。

それをほんの小規模ながら近い状態にできる可能性がある!
この実験に参加したかった~!!
って、科学者になるなんてとうの昔に諦めたじゃないか、と自分へ突っ込み。


ちなみに微小なブラックホールなら生成されても危険は無い、との事です。
すぐに消滅してしまうみたいですしね。でもそれを見てみたい!


この実験が成功したら、史上最大の科学の発見に繋がる可能性がありますよね。大げさですかね?
結果は2ヶ月後に出るみたいです。

しかし、どうしてこういうことがメディアでは取り上げられないのでしょう。
総裁選の100倍以上興味があるんですけど。
ネットで検索しても大して引っかからないのも腹が立ちます。

それにしてもこんなにワクワクしたのは久しぶりだったかもしれません。

4 件のコメント:

ナオキ さんのコメント...

オレは去年から知っていて、ネットでLHCのページもお気に入りに入れてました!

4次元以上の発見の可能性にドッキドキだぜ!

ジュニー さんのコメント...

ナオキさんへ。

さすが情報通ですね。去年から知っているなんて恐れ入りました。

4次元以上の発見、まさにファンタジーの実現ですね!

匿名 さんのコメント...

かずやです。

物理魂をくすぐるものですね。

いろいろ見方があるようですが、むしろ発見できない方がおもしろいようですね。つまり今の標準理論がまちがっていると。そこから新しい物理がはじまるかもしれません。

ジュニー さんのコメント...

かずやさんへ。

発見できないほうが面白い…、そういう発想はしたことがありませんでした。
新しい物理、それもすんごくワクワクしますね!
どっちに転んでも見逃せない展開ですね。