2008年8月25日月曜日

責任者は責任を取るものだが

今回のオリンピックで、日本は野球ではメダルを取る事はできませんでしたね。
単純に弱かったから、と言えばそれまでなんですが。

星野監督のバッシングが始まっていますね。
既に色々叩かれていますが、これからもっと大変だろうと思います。
期待されていて結果が出なかったのだから仕方ありませんが、注目されるプレッシャーというのはすさまじいですね。


こういうのは、負けたらなんでもかんでも批判されるものですね。
反対に、勝ったら全ての事が美談として語られます。
負けた原因をこれからも色々研究されるでしょうね。
それはそれで大切な事だと思うのですが、それをしたからって次は必ず勝てるとも限りません。

勝負の世界も、実力の他に時の運というものが支配していると思います。
特に実力が拮抗している場合は、天の風が吹いた方が勝つと思っています。
それには、いままでの努力とかはそんなに関係無いのではないか、と言ってしまうのは暴言ですかね。


「努力すれば必ず報われる。」
これは美しい言葉ですし、僕も好きな言葉です。
しかし世の中というのは非常に理不尽なもので、努力して報われない事も、さして努力しないでも報われる事があります。

まあそれは良いとして、オリンピックに出る選手なんかはどの国もみんな努力しているはずです。
その中でも報われるのは僅かですから、報われない人達の方がはるかに多いです。
世の中には勝利者の言葉しか流れませんから、見失いがちだと思いますけどね。


という事で、今回は日本に天の風が吹かなかった。
反省すべきところは当然するとして、もうバッシングは要らないんじゃないですかね。
しかし、きつい事ばかり言われると覚悟して、テレビ等で堂々と謝る星野さん、天晴れだと思います。

2 件のコメント:

A Girl From Osaka さんのコメント...

メダル取られへんかったの、しゃーないやん。監督のせいとちゃうのに。江戸時代だったら切腹してたろうから、まだテレビの記者会見で謝ったら許されるだけ時代は進んでるんだろうけど。
ああ、もうそやから日本に帰るのんが嫌なんよ。

ジュニー さんのコメント...

a girl from osaka さんへ。

江戸時代だったら切腹…。確かにそうかもしれませんね(笑)。
記者会見くらいで済むのは良いのかもしれませんね。
ヴァンたちによろしく伝えて下さいね!