2008年8月25日月曜日

責任者は責任を取るものだが

今回のオリンピックで、日本は野球ではメダルを取る事はできませんでしたね。
単純に弱かったから、と言えばそれまでなんですが。

星野監督のバッシングが始まっていますね。
既に色々叩かれていますが、これからもっと大変だろうと思います。
期待されていて結果が出なかったのだから仕方ありませんが、注目されるプレッシャーというのはすさまじいですね。


こういうのは、負けたらなんでもかんでも批判されるものですね。
反対に、勝ったら全ての事が美談として語られます。
負けた原因をこれからも色々研究されるでしょうね。
それはそれで大切な事だと思うのですが、それをしたからって次は必ず勝てるとも限りません。

勝負の世界も、実力の他に時の運というものが支配していると思います。
特に実力が拮抗している場合は、天の風が吹いた方が勝つと思っています。
それには、いままでの努力とかはそんなに関係無いのではないか、と言ってしまうのは暴言ですかね。


「努力すれば必ず報われる。」
これは美しい言葉ですし、僕も好きな言葉です。
しかし世の中というのは非常に理不尽なもので、努力して報われない事も、さして努力しないでも報われる事があります。

まあそれは良いとして、オリンピックに出る選手なんかはどの国もみんな努力しているはずです。
その中でも報われるのは僅かですから、報われない人達の方がはるかに多いです。
世の中には勝利者の言葉しか流れませんから、見失いがちだと思いますけどね。


という事で、今回は日本に天の風が吹かなかった。
反省すべきところは当然するとして、もうバッシングは要らないんじゃないですかね。
しかし、きつい事ばかり言われると覚悟して、テレビ等で堂々と謝る星野さん、天晴れだと思います。

昨日は

昨日のソフィアに来てくださった方々、ありがとうございます。

あんなに思いっきり吹けたのはちょっと久しぶりだったかもしれません。
ソフィアには常連さんの方々も多いのが嬉しいところです。
こういうライブばかりで飯が食えれば言う事無いんですけどね。


今日でオリンピックも終わってしまい、夏の終わりの気配も漂って来ましたね。
夏好きの人にはとてつも無く寂しい時期なのでは無いでしょうか。
僕は夏は夏で好きですが、今くらいの時期からが最も好きな季節です。
なんだか久しぶりに1曲できそうな雰囲気が…。
この夏はどこにも行っていないので、9月にはどこかに行こうと計画中です(国内、割りと近場)。
さてさて、一人旅にはどこが最適でしょうかね。

それまで、夏の残り香を楽しむとしましょう。

2008年8月22日金曜日

あ、明日ライブでした…

明日(8月23日、土曜日)は八王子のソフィアでライブでした。

20時スタート
http://www15.ocn.ne.jp/~n-tony/

陽太:P
ジュニー:Ts
ノリ:B


何故か判らないんですが、ソフィアの時は僕が遅刻しがちなのです…。
まあ単純に遠いっていうのもあるんですけどね(言い訳)。

なので、リハーサル時間も取れずにぶっつけ本番だった事も何度か…。
明日は遅刻はしないようにしたいと思います!!
まるで小学生の宣誓みたいですね。



忘れない内に、もう一つ宣伝しておくことにします。

8月30日(土曜日)

5サックス・オーケストラ ライブ
JR千葉駅、京成千葉駅近く
http://www.ku-la.chiba.walkerplus.com/

19時半スタート チャージ2500円(ワンドリンク付き)


この5サックス・オーケストラ、東京都のヘブンズ・アーティストの1次審査が通ったのです。
2割くらいしか受からない、意外と難関なオーディションだったようです…。
2次審査では、さらに半分に。結局1割しか通らないんですね。
これが受かれば、東京都のイベントの仕事とかも舞い込んで来るはずです。
てかこんだけ書いて落ちたらどうしよう…。
てな事はもちろん考えていないですが。

5サックス・オーケストラとはなんぞや?
と気になる方はこちらをどうぞ。
http://music.geocities.jp/fivesaxorchestra/5.htm
コミックバンドの要素も強いような…。
クラシック、ポップス、昔のジャズ、なんでもありの、アンサンブルです。
僕にとっては、特にクラシックなど苦手な曲も多いのですが、面白いです。
ちなみに、このサイトに関しては色々思うかもしれませんが、苦情は受付ません(笑)。


僕の人生のテーマの一つに、苦手なことを克服していく、というのもありますから、 音楽面ではそれに一役買ってくれるグループです。

とりあえず明日のライブを頑張りたいと思います。

2008年8月17日日曜日

オリンピック選手について

オリンピック。
それは、スポーツ選手に取っては、最高峰の夢なのでしょう。
しかも、選手生命の短いスポーツ選手にとって、自分の命そのものを燃やすにふさわしい劇場。
普段関心の無い分野のスポーツでも、オリンピックになれば突然国民の関心を集めるわけですから。


このように、自分の全てを捧げるなんて、普通に生きている人にはなかなか無いことです。
オリンピック選手だって、99%の努力と1%の才能なのかもしれません。
しかし、1%の才能すらなかなか得られないものです。
僕みたいな人は、努力をする資格すら手に出来ないのです。


僕だって人生を音楽に捧げているつもりですが、スポーツ選手とは違いますね。
期間限定(若い時期だけ)という制約があるからだと思うのですが、彼らの集中的な努力はすごいものがありますね。

自分との闘い。
これに挑んだ事がある人はみな経験する事だと思いますが、自分の未熟さと向き合うというのは想像を絶するエネルギーと覚悟が必要です。
自分のダメなところは見たくない、というのが人情です。
しかし、何かを極めようとすると、必ずそれと対峙しなければなりません。
やがて見えてくるのが自分の怠惰さ、傲慢さ、狡さ、弱さ、等といった醜さです。
自分の中にそれらを認める、というのはなかなか辛い事です。
それでもなにがしかの結果を出すには、乗り越えなければいけない試練です。

しかし、こういう自分を賭けられるものがあるというのは幸せな事だと思うのです。
なんとなく生きる、という道とは正反対な、プレッシャーだらけの道。
そうは言っても、なんとなく生きる、というスタンスの人も違うところで苦労があるはずです。
どちらが良いのか一概には言えないですけどね。


オリンピックで結果の出せる選手、出せない選手がいますが、どちらも今までの努力を称えたいと思います。

結果を出せなければ意味が無いって?
いい加減そういう思考から脱却するのが、より良い社会を作るきっかけになると思うのですが、これも奇麗事なんですかね。

2008年8月15日金曜日

終戦記念日ですね

今、北京オリンピックに圧されてあまり意識されなかったかもしれませんが、
今日は終戦記念日ですね。

戦争について考えても、人間の矛盾というのを考えざるを得ません。
戦争とは一体何なのか。
もちろん、理屈で色々説明する事もできましょう。
しかし、人間の存在そのものを捕らえる事は非常に難しいな、と思わされてしまいます。


僕が一番納得できないのは宗教戦争なのです。
平和を説くはずの宗教が原因でなぜ戦争が起こるのか。
これも人間の抱える矛盾の最たるものだと思います。

これは、戦争を起こしている人達にも理屈では判っているはずです。
右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ。
しかし親兄弟を殺されている場合は無理なことなのでしょう。
人間というものは、やはり感情を理性でコントロールし切るというのは無理な事なのでしょうか。

歴史を辿ってみても、戦争ばかりしている種族です。
文化や文明が発達すれば、人間も進化すると考えたいものですが、
根本的なところは原始時代と大して変わっていないのかもしれません。
結局は資本主義も弱肉強食なわけですし、平等、自由という概念すら幻想である可能性もあります。


しかしながら、人間という種を、そんなに愚かな存在だとは思いたくないのです。
人はどういう風に生きれば良いのか、という事は今までの賢人達が示してきたはずです。
今更新しい規範が出てくるとは思えません。
出て来たとしても、既存のものの組み合わせや抜粋、といったところでしょう。
人類がみなキリストや釈迦や孔子なら世界は平和なはずですから。

しかし、やたらな戦争の死者の数よりも自殺者の数の方が多いという異常な時代で、
戦争を無くすことはもちろん、自殺者を少なくする社会を作らなければなりません。
そこかしこから、心の悲鳴というものが聞こえてくるはずです。
心の戦争、と言われたりしますが、本当の戦争と共にそれが無い世界を目指さなければなりません。
簡単に作れたら苦労はしないんですが、どうしたら実現できるのでしょうね。

2008年8月7日木曜日

暑い日が続いていますが

今日も日中は死んでしまうかと思うくらい暑かったですね。
一日で一体どれくらいの汗をかいているんだろう…。


ちょっと前のことになりますが、8月2日にジャミンに来て下さった方々、ありがとうございます。
今回は前回ほど混みませんでしたが、河原さんとも初めて共演できて楽しかったです。
ベースソロであんなにお客さんを沸かせられるところなど、やはり凄いと思いました。


今日はオペラシティの18階にあるレストランで、花火大会のイベントで演奏してきました。
最後のステージで、3、4歳の子がステージの真ん前まで来たのが可愛かったです。
そのままステージに上げてしまったのですが、
「これやる。」
と僕のサックスを指差してずーっとステージから降りようとしませんでした。
ちょっとだけキーボードの鍵盤を叩いて演奏にも参加。
将来有望なり。


明日は千葉県の奥地、「千葉市少年自然の家」というところで5サックス・オーケストラで演奏してきます。
千葉市、と銘打っていますが、長生郡長柄町という超田舎…、いや失礼、空気のキレイなところなんです。
とにかく遠い!そして暑い!
なんでも、東京よりも気温が高いとか…。
景色がゆがんで見えるのは、僕の幻覚か蜃気楼か…、という限界状況を体験できるのではないか、と密かに楽しみにしています。
もちろん演奏場所は室内ですけどね。

段々この暑さが好きになって来ましたが、熱中症にならない程度に頭が変になってくるのを楽しみましょう。