2008年6月24日火曜日

ちょっと久しぶりです

また少し間が空いてしまいましたね。
それは仕方ない事でもあるのですが、書きたい事が溜まってしまうのも良くないです。
1回の投稿にそこまで色々詰め込むわけにもいかないですから、
自然と漏れる内容も出てきてしまうのです。



急に決まった仕事なのですが、今週の土曜日(28日)に、赤羽のBフラットというお店で演奏します。
赤坂のBフラットは有名なジャズのライブハウスなのですが、赤羽です。お間違え無く。


この店の情報はネットで出てこないので、住所を載せておきますので、お時間ある方はいらして下さい。
赤羽 2-15-9
19時半スタート
03-3903-8586


このお店、どうもスナックらしいのです。スナックなんてあまり行かないので判りませんが。
誘ってくれたのは 秋山幸雄さん(B) なのですが、この方は戦後のジャズを引っ張ってきた方なのです。
齢は確か80くらいですが、サッチモ(ルイ・アームストロング)が来日した時には共演していたり、秋吉敏子さん(P)が渡米する前に一緒にバンドを組んでいたり、生きたジャズの歴史のような方です。


しかも、青学の先輩でもあるのです。まあ半世紀くらいの隔たりがあるのですが…。
このブログのプロフィールには面倒で載せませんでしたが、実は僕は青山学院大学卒です。
でもみなさんの想像する青山キャンパス(渋谷区)とは別の、今は無き世田谷キャンパスに主に通う理工学部の学生だったのですが。

専門は何か、ですって?

一応物理です。その中でも統計力学です。

まああんまり理解しないまま卒業してしまいましたけどね。
僕が大学の勉強で一番学んだ事は、「つまらない事でも我慢してやる。」という事です。
物理とは関係ないじゃん!
と、みなさん突っ込んで下さって構いません。
しかし実際に、忍耐力はつきましたね、多分。
耐えられない学生はみんな中退していきますから。




もう一つ書きたいことを続けて書かせてもらいます。
長すぎる投稿はなるべくしないようにしているのですが、許して下さい。

先日、ボストンのバークリー時代の友人からメールが来ました。
彼女は今もボストンに住んでいます。
なんと開いてみると、大阪の民放に出た、という内容だったのです。
映像も一緒に送ってくれたので見てみました。

リポーターがぐっさんなのでビックリしました。大阪では結構有名な番組なのかもしれません。
そのぐっさんとNさん(女性ピアニスト)の2ショットにはすんごい違和感を感じました。
Nさんが遠い世界に行ってしまったのか、はたまたぐっさんがこちらの世界に近づいたのか…。
題名は定かではないのですが、星新一の「地球から来た人」という話を思い出しました。
似て非なる世界に来てしまった感じです。


僕みたいに大学を出てからだったり、ある程度年齢が行ってからバークリーに来る人は、普通の人とは違う覚悟でやって来ます。
一言で言えば「背水の陣」なので、常に真剣でもありますし、絶え間ないプレッシャーとの闘いでもあります。
個人的には、精神的にある程度突き抜けたので、幸せを享受できるようになりました。
しかし、振り返ってみると、かなり苦難の道を自ら選んで来たような気がしてなりません。
もちろん僕以上に苦労している人は世の中にすごく沢山いるんですけどね。


Nさんも、僕以上に自らに厳しい選択をしてやって来た人なのです。
こういう人は、単に同級生というくくりを越えて、戦友と言っても良い域に達していると思います。
もちろんテレビ番組なので、ポジティブな面しか強調していませんが、自分も音楽が本当に好きでアメリカまでわざわざ渡って行った、という事を思い出させてくれました。


こんな簡単な事も、現実世界の荒波にもまれていると忘れてしまうものなのです。
ラッパで飯は食えない、と言いますからね。
かのバッハも生きているうちはずっと貧乏だったらしいですが、芸術と金銭的な豊かさというものの両立はなかなか難しいのです。


しかし、この選択が僕にとっては人生を後悔しない為の選択だったのです。
そしてNさんもそうだったのです。
資本主義が骨の髄まで浸透し始めている時代。
「お金にならない仕事をする者はバカだ。」という風潮が蔓延してきていて、それがゆえに不祥事も沢山起きる時代。
そんな中、うちらのようにお金になりにくい仕事をしているのは確かにバカなのかもしれませんが、世の中お金だけでは無いという奇麗事を証明したくもあるのです。
要するに不器用なんですね。


おっと、すごく長くなってしまったのでここらで締めたいと思います。
Nさん、これからもボストンで頑張って下さいね。
とても感動する映像を送ってくれてありがとうございます。

2008年6月18日水曜日

今日はありがとうございました!

今日は、入谷の Four & More という店でのライブでした。
来て下さった方々、ありがとうございます。
しかし、来てくれたお客さんは今回は少なかったんですが、ほとんど僕のつながりの方たちとは…。

このお店の商店街は、いわゆるシャッター商店街と言うのでしょうか。
火曜日に休みの店が多いのかと思いきや、マスターの話ではほとんどが潰れたそうな…。
こういう商店街は、東京以外のところばかりだと思っていたのですが、台東区でもあるんですね。
いや、良く考えてみると、家の近所の目黒区、品川区の小さい商店街も同じような状況です。

日本経済、全く良くなっていませんね。
はっきり言って、小泉さん以降の政策、間違っていたんじゃないですか?
同じ純一郎だからひいきにしていたのですが、これ以上アメリカ型の資本主義が浸透するのは日本に取ってマイナスなのでは無いでしょうか。
「神の見えざる手」は機能しませんよ。今後更に格差が広がるだけです。
日本経済がマシになって、ジャズももっと活性化してくれるのを願っているのですが。


それと、一昨日の日曜日の発表会も楽しかったです。
特にピアノを弾けた事が。
それと、生徒さん達が頑張っていた姿は良かったです。
何かに努力する姿は美しいな~と思いました。
生徒さん達の緊張が少し移ってきましたが、演奏するという事に関して緊張しているのは初々しかったです。僕に取ってはそこまで緊張する事はあまり無いですからね。
しかし10月の中村さん達との共演では同じくらい緊張するかもしれませんが。


何はともあれ、発表会も今日のライブも無事に終わって良かったです。
やはり音楽に関わって生きるのは楽しい事だと改めて思いました。

2008年6月14日土曜日

明日は発表会

明日は、千葉の「柏の葉キャンパス」というところのスクールの発表会です。
これがまた遠い…。
新柏駅なんですが、スクールに行くのよりも乗り換えが多いです。
朝から夜までなので頑張らないと。
といっても僕はそんなにする事は無いんですけど。


実は明日はピアノも弾くのです。
ピアニストデビューなんです!

まあなんちゃってピアニストなんですが、僕の生徒の伴奏は僕がやるのです。
ベースとドラムも居ますから、本格的な編成でピアノが弾けます。
それがすごく楽しみなのです。
かな~り練習しましたからね。


さて、明日演奏する生徒さん達、スタッフ、伴奏者達、頑張りましょう。
そして打ち上げも…。

2008年6月12日木曜日

音源アップ!!!

なんと、音源をアップしました!
今日録音した音源なのですが、その中で良かったのを載せます。
サックスとギターだけというとても難しい編成ですが。


しかし、パソコン音痴の僕がまさか音源を載せられるとは…。
辛抱してネットを検索した甲斐があります。
しかし、成功したと思っているだけで、実はみなさんからはダウンロードできなかったりして…。
そんな時は是非メールフォームから教えて下さい。よろしくお願いします。

ヤフーのブリーフケースに載せたはずの曲は2曲です。
一つはギタリストの飯田竜司の曲。タイトルが決まっていないんですよね。
早く決めてくれ~!
これはテナーで吹いています。
もう一つはCherryという僕のオリジナルです。
これはソプラノで吹いています。

Cherryは比較的マシでしたが、やっぱりソプラノはまだまだです…。
テナーももっと修行しますが、ソプラノは更に修行が必要な感じです。
早くフルートにも手を出したいのですが…。


音源のダウンロードページには左の写真の下あたりから行けると思いますが、
こちらにもアドレスを載せてみます。
http://briefcase.yahoo.co.jp/juni_awakeba
DLにはちょっと時間がかかるかもしれません。

せっかく苦労したのに無駄骨だったらどうしよう。

2008年6月8日日曜日

6月17日にライブします

今月はあまりライブは入っていないのですが、
17日(火曜日)にライブをします。


入谷 Four & More
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/3800/fourandmore/

20時スタート 3セット制

岩川 奈津子:P
安部川 純一郎:Sax
澤田 将弘:EB

チャージ1000円


こんなに安いチャージでやるのはちょっと不本意なんですが、店の方針なので仕方ありません。
岩川さんリーダーですが、彼女は最近バークリーから日本に帰って来たばかりの新人です。
ひょっとして今回が帰国初ライブなのかな?
そして澤田君も3月くらいに帰ってきたばかりです。

この二人は丁度僕がバークリーを卒業したのと入れ替わりに入学してきました。
日本式に言うと僕が先輩、て事になってしまいますが、アメリカではあんまりそういうのは関係ないので、友達という感じです。
特に岩川さん(通称なっちゃん)の演奏はまだ一度も聴いた事が無いので楽しみです。

是非みなさん来て下さいね!

バレーボール、五輪決定

日本男子バレーボール、遂にオリンピック進出を果たしましたね。
今日はテレビで試合を全て見たんですが、素晴らしかったです。


スポーツ自体にはそんなに興味は無いのですが、スポーツ選手はとても尊敬します。
スポーツは音楽と違って引退の時期も早いですし、才能と努力が最も明確に必要なのではないでしょうか。
勝ち負けが決まりにくい芸術の分野と違って、誰の目にも明らかに勝敗が決まってしまいます。
芸術の場合は、鑑賞する側の好みも大分影響してくるので、全ての人に受け入れられるという事はほぼ不可能です。
しかし、スポーツの場合、単純に試合で全てが決まり、勝ち続ければ世界の頂点に立つのです。


逆に言えば、芸術の表現は明確なゴールというのはなかなか見つからないですから、そういった点はより大変かもしれません。ただクラシック音楽はどうも違うようですが…。
それと、僕達は他人に勝つ目的で音楽をやっているわけでは無いですしね。


しかし、16年振りのオリンピック進出を決めた瞬間を見れて本当に良かったです。
男が人前で泣くのは基本的に嫌いですが、こういう時の男泣きは胸を打たれますね。
植田ジャパン、おめでとうございます!
北京での活躍も期待しています。

2008年6月6日金曜日

車の出来事

先週、僕が車の後部座席に座っていたら、軽い追突事故に逢いました。
こちらの車は赤信号で停止していたのですが、向こうが後ろからぶつかって来たのです。
「下を向いていたらぶつかっちゃったんだよね~。」
と言う初老の男性。そりゃ運転中下を見てたらぶつかりますよね。


車の損傷はすごく軽くて、警察も入って円満に事が済みました。
しかし、一昨日くらいからなんか首が痛いなあ…と思っていたのもありますし、周囲は病院に行け行け言うので行って来ました。整形外科なんてほとんど行った事無いですけど。
もちろん診療代、薬代は向こうが負担してくれます。


今日、初めて自分の首部分のレントゲン写真を見ました。
素人目には全く判らないんですが、なにやらストレート・ネックと呼ばれる状態に少しなっているもよう。
要するに、肩こりがひどくなった感じです。軽いムチウチってところですかね。ここ数日、これが原因と思われる頭痛もありましたからね。
まあ症状は軽いので、張り薬をもらっただけで済みました。


しかし、首の関節がちょっと出っ張って来ているらしく、
「歳を取ると段々こういう風になってくるんですよね。でもまだ20代だし気にする事は無いです。」
と言う先生に、管楽器を吹いている、と話したところえらく納得してました。
やはりサックスは首にも負担が来るんですね。しかもテナーですから…。





それと話は変わるんですが、家の車は実は最近修理に出していたのです。
駐車場に止めていたのですが、品川区の職員がぶつけてしまったのです。
それがさっき返って来たのですが、素晴らしいほどキレイに直りました!


と言うのも、2年くらい前に僕が不注意でぶつけて凹んでしまった部分があったのです。
結構ひどくて、修理屋には「見積は10万円です。」と言われていたのです。
今回の公務員さん、丁度その付近をぶつけてくれて、保険で僕がぶつけたところも直してくれたのです!
「どこからどこまでが今回の事故による損傷か判らないので、全部直してもらいました。」
ですよ。なんと有り難い事でしょう。
確実に今回の傷の方が軽症だったのです。


いやー、ぶつけてくれてありがとうございます!
やはり公務員さんは国民の味方ですね!
と、僕の父も公務員なので擁護しておく事にします。