2008年3月28日金曜日

和む光景

今日、昼間の電車に乗っていた時の事です。
この路線は有り難い事に、その時間帯は基本的に空いているので、
空席も割りとある感じで座れるのです。


隣に小学生の男の子が二人座っていました。
なにやら携帯電話をいじっています。
今の小学生って携帯を持っているのですかね?結構驚きましたが。

と、彼らの向かい側の席に、川口探検隊のような格好をした初老の男性が勢い良くやって来て腰掛けました。
そして子供達に声をかけ、バッタなどのかなり精巧な昆虫のオモチャを取り出し、彼らに飛ばしたりして驚かせ始めました。そしてそのオモチャは彼らにプレゼントされたのです。
更に、トランプの手品を始めました。もう子供達は夢中です。
「すげー!すげー!」の連続です。
そしてそんな事をする初老の男性に僕も釘付けです。

最初は、この人は一体何なんだ、と少し警戒しながら見ていたのですが、
どうやら単純に子供達を喜ばせたいだけの様なので、安心してマスク顔(花粉対策)でこの光景を眺めました。

今、こんな事をする大人がどれだけいるでしょう。
流行の「三丁目の夕日」の時代、昭和30年代でしたっけ?その頃にはありふれた光景だったのかもしれません。しかし、僕の記憶には無い程に珍しくなってしまいました。

その男性は余程子供が好きなのでしょうが、僕には見知らぬ子供にそんな事をする程のサービス精神は、残念ながら持ち合わせていません。
しかし見ていると、なんだか温かく、和む雰囲気です。
大人の方が、そういうコミュニケーションを取る事を躊躇してしまう社会になっている気がします。
まあ下手をすると変質者扱いされかねませんからね。
しかし、このおじさんに学ぶべき所もあるのでは無いでしょうか。
こういった触れ合いが増えれば、少年犯罪や凶悪犯罪も減るかもしれない、
と思うのは少し安易に考え過ぎですかね。

2008年3月25日火曜日

ホームページかあ…

やっぱりHPはあった方が良いですよね、ブログだけじゃなく。
以前は持っていたのですが、更新できなくなって閉鎖したのです。
原因は全く不明です。こういう時パソコン音痴は困ります。


HPを作って音源を載せて…。てかそうなるとCDも作らないといけないのでは!?
はあ、やる事が沢山あるなあ…。
事務所とかに所属してやってもらいたいですが、そうなるとメジャーなポップス・ミュージシャンにならないと無理ですし。

だいたいHPを作るのも大変です。前のは学生時代に友達に頼んで作ってもらったのです。
しかしつくづく思うのですが、音楽家というのは音楽以外の事がすごく大変です!
でもまあ演奏する喜びを考えれば乗り越えられるかな…。

しかしHPを作るとなると、かなり時間が必要ですね。このブログのように簡単なのだったらすぐに出来るのかな。そういえば、このブログも投稿以外何も更新されないですね、すみません。
ようは面倒臭がりなのです。


最近ちょっと忙しいので、世の中の事を考える余裕があまりありません。
自分の事ばかりです。これは由々しき事態ですね。

HP誰か作ってくれないかな…、なんて他人に頼っているようじゃダメですね!

2008年3月22日土曜日

自分の愛器(サックス)について

こんな内容の投稿をするなんて、自分でもアホだと思います。
しかし、我がサックスについては愛着が深まるばかりなのです。
きっと、先日の故障、修理という試練が益々好きにさせたのですね。
しかし、この内容はサックス奏者以外には読む事を勧めません。
不思議君と思われても結構。これは僕のブログなのだから。


そもそも、自分がサックスをやっているという事が不思議でたまらなくなる時があります。
基本的に凝り性なので、その対象がたまたまサックスだっただけなのです。
なぜサックスなのか。自分では全く判りません。前世とか関係あるのかな?


好きな理由
 1.音色:僕のサックスのメーカーは、Martinという名前です。非常に珍しいサックスです。音色は太くてダークで深みがある音です。派手な音ではありませんが、聴けば聴くほど好きになる不思議な魅力を持っています。ただし、音色に関しては演奏者の影響を強く受けるので、僕以外の演奏者がこの楽器を吹いたら、また違う音になるはずです。あくまで基本は上記の通りです。友達には、以前吹いていたサックス(セルマー)と音色の違いは判らないと言われてしまいましたが…。しかし、新しいサックスには無い柔らかさというか、まろやかさがあるのは確かです。  

 2.見た目の美しさ:まあ、このサックスはヴィンテージなので大分古くて、恐らくは50~60年前に製造されたものだと思います。僕はサックスマニアでは無いので、そういう事はどうでも良いのです。古いだけあって多少錆びたりはげたりしていますが、彫刻を全面に出せる特殊な構造により、他のサックスには無い美しさを持っています。

 3.操作性の悪さ:新しいサックスは、人間の手の構造を考慮した良い造りをしています。しかし、この楽器は、そういう事を考慮する余裕が無い時代に作られています。よって、かなり扱い辛い構造をしています。新しい楽器は元々人間に対して優しい海のような母的存在、対して、この楽器は険しい山のような父的存在。この扱い辛さを一つずつ克服する事のよって得られる快感というのも、外せない魅力です。自分がマゾなのか?と疑う事も無くは無いですが、克服する喜びは、征服欲なのだと思います。女性に対してはこうでは無いので誤解の無いように。それとも、自分で気づいていないだけか???


こんなマニアックな内容になってしまいましたが、僕がどれだけ自分の楽器を愛しているかは理解頂けたと思います。気分によっても演奏は大分変わりますからね。
物欲が無い自分に取って、最も大事な物です。さて、我が愛器と共に、より良い音楽を奏でるべく精進する事にしますか。

2008年3月20日木曜日

なんとかライブ終了

今回のライブには、実はもの凄い試練が待ち受けていたのです。

なんと、ライブ前日にサックスが壊れてしまったのです!
音が出ません!!!


その日は夜までレッスンの仕事があったので、修理屋には持っていけなかったのです。
ライブの当日の朝、焦りまくりながらも頼み込んで即日で修理してもらいました!
本当に神様です、長谷川さん!
お礼を込めてここでちょっと宣伝。

ハセガワ管楽器工房
http://www.hasekan.net/

バークリーから帰ってきてすぐの時から無理を聴いてくれる、僕にとってはありがたいお店です。


そしてライブに。
雨が降る中、みなさん来てくれて本当にありがとうございます。
とても楽しくて充実したライブになりました。
お客さんは多ければ多いほどモチベーションが上がりますからね。
特に柏の葉のみんな、ありがとう!
更なる良いライブを目指してまた一から頑張って行こうと思います。

2008年3月17日月曜日

大分間が空いてしまいました

ちょっと久々の更新になってしまいましたね。
花粉症なのでマスクを手放せない毎日です。

今日は、明後日のライブに関して頭がいっぱいでした。
せっかくライブをやるのだから、毎回少しでも新しい事をやりたいですね。
そんなわけで、今日までに有名なジャズスタンダードを2曲アレンジしたのですが、
1曲は次に回りそうです。他の曲風とかぶるので残念です。

オリジナルももっと増やしたいです。
しかし以前と違ってオリジナルを1曲作るのにすんごく時間がかかるようになってしまいました。
その分愛着も増えますけどね。

明後日のライブに来てくれる方は是非楽しみにしていて下さいね!

2008年3月11日火曜日

3月19日(水曜日)のライブ

3月19日に錦糸町のアーリー・バードでライブやります。
是非来てください。


錦糸町アーリー・バード
http://www.geocities.jp/earlybird_mmp/05.htm

安部川 純一郎:Ts
湯田 大道:Gt
瀬川 真悟:P
細谷 紀彰:EB

チャージ2500円 20時スタート


湯田君と瀬川君が大阪から来てくれてのライブです。
1年ぶりに一緒に演奏するので楽しみです。

2008年3月6日木曜日

確定申告終わりました

確定申告終わりました。
実は初めてだったのでわからない事だらけだったのですが、
色んな人の手を借りてなんとか乗り切りました。
一度やり方がわかれば後は簡単ですからね。
しかし自営業扱いというのは面倒な事が多いものです。
サラリーマンが心底羨ましくなる場合も多々ありますからね。

しかし個人事業だと、常にサバイバル意識というのが働く為、「リストラされました。明日からどうしよう。」という状況にはまあならないと思います。日頃から自分の事は自分で守るしかないですからね。
というのは半分妬みも入っているので悪しからず。


しかし税務署に行って知ったのですが、収入や所得の計算をするところから、という、
「それって全く自分で何もやっていないじゃん!」
と突っ込みたくなる方もいらっしゃるんですね。
そんは人を救済するスタッフも沢山配備されているのはさすが。

そして横に居た中年の女性は、かなり高額な買い物をしらたしく(多分マンションか何か)、
職員の人に「これが帰ってくる税金です。」と言われて、
思わず「うほ。」と嬉しそうな声を上げていたのが微笑ましかったです。

こうやって世の中の仕組みを少しずつ知って行くんですね。

2008年3月5日水曜日

教育テレビ番組すごいよ!

今、何気なく回したNHK教育テレビの「音楽と数学」という番組に感動してしまいました。

元々は理系ですから、数学と音楽の深い関係には興味があって、まさか和音の関係にピタゴラスの定理が出てくるとは…。

それよりも驚いたのが、初めて目に、耳にした音階です。
ド bレ ミ ファ ソ bラ シ ド

???
なんですか?この音階?名前が判らないんですけど。
昔聞いた事のあるハンガリアン・マイナーという音階かな…。
それともフリジアン・メジャー?
でもそれも不確か。

この番組は明らかに子供向けなので、普通に良く耳にする音階を使うのかと思いきや、
教育テレビ恐るべし。まさか僕にも良くわからない音階を例に出してくるとは…。
しかも、講師役のおじさんが良い味出しすぎ!
将来あんな講師になりたいものです。

子供向けの番組と侮らずに、大人も見た方が良い番組もありますね。

2008年3月3日月曜日

1日のライブは

1日のジャミンでのライブは大盛況で良かったです。
来てくださった方々、ありがとうございました。

しかしアオイさんの集客力は凄いですね。
もちろん知名度もあるのですが、みんなを惹きつける人柄がやはり魅力なんですね。
ぶっつけ本番の曲も結構あったので、個人的にはドキドキしながら演奏していました。
でも楽しくて良いライブでした。

今回が始めての共演だったので、もしまた一緒に演奏させて貰えれば、グループとしてのサウンドは更に良くなっていきますし、またやりたいですね。

それまでに、自分の実力ももっと上げておきたいと思います。